学会発表報告(第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会)

日本大学薬学部との共同研究の成果を第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会(6月30日・7月1日,鈴鹿医療科学大学白子キャンパス)にて報告いたしました。 演題は下記の通りです。

 

OTC医薬品陳列方法と利用者の批判的思考が情報探索行動に与える影響
~第2報~:居波 悠人,中島 大貴,張 銘,上野 晃汰,神藤真優,立野 光梨,亀井美和子,小山 慎一,泉澤 恵

 

第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会ホームページ:

http://www2.convention.co.jp/21jasdi/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です