学会発表報告(第13回日本感性工学会春季大会)

第13回日本感性工学会春季大会(3月27・28日,名古屋大学)にて, 修士2年(山中研究室)の山崎志帆さん,修士1年(五十嵐研究室)の博田百合子さん,研究生のZhang Mingさんが研究成果を発表いたしました。 演題は下記の通りです。

 

山崎 志帆,山中 敏正,小山 慎一:虚偽記憶発生時の視線の分析 ~健康食品広告を用いた検討~

Zhang Ming,小山 慎一,You Zhenwei,Wang Xiaochun,永瀬 彩子:The effects of aroma on relaxation during the group activity of elderly people ~A case study in a care center in Beijing, China~

博田 百合子,小山 慎一,永瀬 彩子:A survey on students’ interest in events on urban beekeeping

 

第13回日本感性工学会春季大会ホームページ:

第13回日本感性工学会春季大会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です